電撃ネットワーク

 

  • 略歴TOKYO SHOCK BOYSの名で世界各国から高い評価を得ているパフォーマンス集団である。人体実験さながらの過激パフォーマンスで、世界中を驚愕させている。

  • 音楽と連動した活動も展開しており、CDの楽曲の作曲・アレンジや、ライブでのキーボードプレイヤーとして、genji/nishikataが参加している

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%92%83%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF

司会:今日はトークライブということで芸ではなく、海外公演の話だとか、いろいろ生の話を聞けることを期待しております。それではよろしくお願いします。拍手。

司会:それでは、メンバーさんの紹介の方からさせていただきます。では手前から、三五十五さんです。

十五:どうも

司会:次に南部虎弾さんです。

南部:南部です。俺はね、ID野球が大好きで、野村さんが昨日勝ったんで上機嫌です。何でもぺらぺら話します。サッチーは嫌いです。よろしく。

司会:続いてギュウゾウさんです。

ギュウゾウ:そんなにみつめないでください・・・。今日は結構差しさわりのあることばっか言いたいと思いますんで。

何かあったらそこの強そうなSPが守ってくれると思うんで・・・盛り上がっていきましょう

司会:続いてダンナ小柳さんです。

ダンナ小柳:私が痛みを感じないダンナ小柳です。今日は一日よろしくお願いします。

司会:それでは。メンバーさんは非常にネーミング等が変わってらっしゃるということで、その由来とみなさんの持ち芸をひとつかふたつ紹介していただこうというかおねがいします。


以下四人の発言全て電撃


電撃:なんで何もしないんですかっていう質問うけるんですけど、そういう質問ないように。私なりに一生懸命やってますから。名前はですね、何にしようかなって考えてるときにふらっと競馬にいって3と15を買ったらあたったんですよ。それで三五十五です。

電撃:南部ですが、自分が一番誇りにおもってるネタは、睾丸野郎といいまして、自分のタマを荷造り用の紐で結んで、パンパンに腫上がらせます。その上でブロックとか重いものを持ち上げるんですけども、最近それをギネスに申請してます。すいません。そういうことでよろしくおねがいします。

電撃:ギュウゾウです。なんですけどもよくユウゾウと間違えられます。カツラつながりで加山雄三と一緒なんですけども。得意技は、さそりとかよく使ってるんですけど、今日も機会があったらみんなをさそりで刺しにいきたいと思います。

電撃:ダンナ小柳です。名前の由来は、小柳ルミ子のダンナに似てるらしくて、自分では全然似てないと思うんですけど。フジテレビのディレクターがオールナイトフジに出てる頃に勝手につけて、ダンナ小柳が定着したみたいです。

電撃:あのディレクターもまさか10年もこの芸で続くと思ってなかったみたいで。偉く気に入ったみたいです。小柳ルミ子さんに挨拶に行ったら嫌われちゃったみたいです。あっそうみたいなね。

電撃:シカトされましたしね。

電撃:名前変えるの?

電撃:えー離婚したら元とつけるかどうか迷ってます。芸は夏になるとアイスクリームの代わりにドライアイスを食べ釣っていう芸です。それが得意技ですね。

司会:それではグループとしての経緯とか馴れ初めを説明していただきたいんですが

電撃:まあかれこれ10年だね。電撃の由来はもともと第一回東京国際フィルムフェスティバルっていうものの中でディレクターの人が勝手に中に入って、いろんな危ないシーンを撮ってくるっていうそんなデンジャラス系な映画があって、

それが電撃ネットワークっていうんです。それで付けたんですが、電撃もネットワークも後々言葉としてブレイクしちゃいまして、なんかすごいうれしいです。なんか新聞とかで、電撃とかって文字みると、「あ、俺たちまた事件おこしたんじゃねえかって思ったりね。

電撃:電撃入籍とかね。誰が結婚したんだってね。だれも入籍してないんだけど。それが10年前だね。

電撃:もともとは普通のコントグループだったんだけどどんどんこういう風になってしまって。

電撃:俺がダチョウクビになってからだな。

司会:すいません。ダチョウってことなんですが、メンバーさんたちが若い頃にどのようなことをやってたかすごい興味がわくんですけども。

電撃:ダチョウ倶楽部がですか?

司会:いや皆さん方が学生時代にどういうことをしてきたかということです。

電撃:ダチョウて言っただろ?あとでビデオみてみろよ。言ったから。

司会:誠に申し訳ございません。

電撃:20のころか。おれはね、軽トラの後ろに花積んで六本木とか下北とかで売ってたね。動く花屋さんって自分では言ってたんだけど。・・・引くなよ

電撃:南部はですね。じつは早稲田みたいな学校入りたかったんですけど、今後悔してんですけど、高崎経済っていう単科大学に入って、小さいんですけど、そこに3年くらいいまして、自分が政治とか経済の方をやってたんで、就職しようかなって思ったんですけど、急遽フランスでボランティア活動をすることになりまして、エマユースっていうんですけども。それで、そんなことをしている間に就職とかして、フランスに永住しようかなって思ってるうちに、こういうことをやり始めてしまいました。でも後悔はしてせんよろしく

電撃:南部さんと一緒にフランス行ってきたんだけどね。知ってる店があるからってついていったけど「あれおかしいなこの辺なんだけどなー」って言うからいつ言ったの?って聞いたら25年前って言ってたからね。そりゃないよな。

電撃:ギュウゾウですけど、みなさんと同じ頃の年には、皆さんと同じで、大学生で、応援団に入って、学ラン着て走り回ってましたね。

電撃:その頃はまだ街宣車とか乗ってなかったんだ?

電撃:その話しちゃう?しましょうか。

電撃:今まであんまりしゃべってなかったんですけども、そのことは日本を憂いて、愛国活動をしていまして。街宣車に乗ってたけしさんを脅しに行ったこともありました。それで早稲田はないですけど、法政大学に乗り込んだりもしましたね。あれ?やばいと思ってマイクさげたんじゃねえか?テステス・・・・・本当にさげられちゃったな。

電撃:それでなんで電撃なの?

電撃:トーレていう映画会社に撮影を手伝ってくれって頼まれて、それを・・・・・・これは今やばいことを言ってもいいマイクなの?・・・・まさかこんな人生歩んでると思いませんでした。だからみなさんも、十年経ったら右翼青年になってるかも知れないですよ。日々大切に生きてください。

電撃:ちなみに、電撃は相変わらず、二軍を募集してますんで。われと思う奴はぜひ面接に。

電撃:意外とやってみないとわかんないからね。ギュウゾウなんて、ドライアイスやると思ってなかったって自分でも言ってたけど、最初電撃来たときに突っ込もうとするとピッてよけるんだから。格闘技の経験もあるからね。それが今では立派にやってるんだから。

電撃:突っ込みをきちんと頭に受けるのに十年はかかりましたから。人間ここまでできます。あとでいい奴いたらスカウトするからな。

電撃:わたしですか?20の頃はですね。ナイトクラブをやってたんですが、負債を抱えて、すぐ畳んでしまい、なにをやろうかと思って、踊りが好きだったんで、何を思ったか、ミュージカルの養成学校に20になって入り、それで南部さんと。同期の奴が、南部さんと知り合いで、メンバーを探してるよって言うんで、じゃあ踊りは高校生からやってる奴とからやってる奴らには足のあがる高さとかもかなわないってことなんで、あきらめようってなって南部さんの所にいき、一緒に組みましょうって。

司会:ありがとうございました。今までは結成以前の話をしていただいたんですけども、デビューしてから、国内でやったライブの中で、印象に残ったライブってのを教えていただきたいんですが。

電撃:その前になんでこういうことをやるようになったかっていうと、さっき言ったたまたまダチョウでいろいろやってたんだけども、ある日ダンナ小柳が、風邪ひいて、目から鼻水が出たんだよね、くしゃみしたときに。これおもしろくない?ってステージでやってみようってなって鼻水じゃみえないから牛乳でやってみたんだよ。そしたら普段のコントなんかより爆笑だったんで、これからの時代はもう目から牛乳だなと。こういうネタを集めていったりして、それから割と今の電撃ぽくなったね

電撃:まあ俺はただ無理矢理楽屋で押さえ込まれてやらされたんだけどね。ただくしゃみをしただけなのに。

電撃:そうなんだよね。今きてるお客さんも最初からこういった電撃のネタをやってると思ってる人がほとんど

だと思ってるんですが、コントのグループだったんですよ。三五十五はもともと、歌とコントのグループを作るから手伝ってくれって言ってたからねそうして言ったら南部さんが「そう。手伝ってくれるんだ。じゃあ火吹けるかな?って」

司会:ネタの話なんですが、なんかできないような没ネタってのはやっていただけないでしょうか。

電撃:没ネタか。まあうちらのネタってのは300くらいあるんだけども、半分以上はやってないよな?一回やったっきり二度とやりたくねえってのがあるな。まあ有名なのは南部さんの、セメントのやつな。

電撃:消火器で袋の中に入って消火器ブワーってかけて坊主頭になって真っ白になったまま舞踏を踊るってのが結構うけたから、じゃあセメントでやってみようってね。白くなりながらだんだん固まっていったらおもしろいだろうって。

電撃:で最後に固まってしまって、最後に運ばれて帰るっていう。これ聞くとすごいおもしろいだろ?でもやってみるとすげー大変なんだよ。なにしろ固まるまでに一時間くらいかかるんだもん。お客さん待ちきれないだろ。それに会場のあちこちにセメントがこぼれるんだよな。

電撃:あとあれもあるよな花火のやつ。

電撃:それもあるけど、あと正露丸一気飲み男ってやつ。うちらネタをやるときにどういうのがおもしろいかって思って例えばクラッカーとかなら人に向けないで下さいだとか。接着剤とかなら手に付けないでくださいだとかかいてあるじゃないですか。それでまあさっきの消火器のやつも、そうで手についたらここに電話してくださいって書いてあるんですよ。だから電話して、「うちの子が手に消火器ついちゃったみたいなんですけど、どうしたらいいですかね?」したら「消火器ですか。ちょっとぐらいなら大丈夫だと思うんですけど。普段ちょっと吸っても大丈夫ですから。」

あっ。ちょっと吸っても大丈夫なんだって思ってね。コレなら袋の中に入って吸っても大丈夫だって思ったんだけども。

電撃:正露丸のときはこれ大変だよね。まあ例によって、うちの子が正露丸一瓶のんでしまったんですけども。って言ったら「ちょっと待ってください。いまどんな症状ですか?いま会議しますから。ちょっとまってください。そちらの連絡先教えてください」「いえ結構です。ガチャ」

電撃:コレを聞いた途端できないってわかったね。だいたいメーカー側の反応でわかるからね。ネタが没になるかやるかはそうやって企業に確認をとってからやってます。ある意味科学的みたいなね。

電撃:科学的な実験ってのはいっぱいあるんでよ。稽古ってのはあんまりやらないんですけども、実験ならいっぱいやりますね。ロケット花火を最初手袋使って手に持ってやって、だんだん薄くやって最後には素手で、口でってなるんですけども。ここまででいけると思ったんだけど本番中に暴発しちゃってね。ちなみに中国製なんだけどね。

電撃:今の結構差しさわりのある発言だから。国交に差し障りあるからね。

電撃:あれもやらなくなったな。ドライアイスをペットボトルに入れる奴

電撃:てかやったことねーじゃねーかよ

電撃:ドライアイスって水にいれるとボコボコボコっ

てあわ立てるんですよ。じゃあお湯でやったらどうなるのかなって思ってやってみたんですよ。そしたらゴボゴボゴボってなってあの硬いペットボトルがヒューって鳴って音を立てて爆発するんですよ。空き地で実験してみたら誰かが通報してたらしくてね。パトカー何台きたっけ?

電撃:パトカー三台くらいとあと機動隊も来てたね10人くらい。あとから野次馬のふりして見にいったんだけどね

電撃:刑事さんが聞き込みにまわってるんだよ。だから家の中に隠れてたんだけどね。ライブの前だからはらはらしたよ。

電撃:それでなんかあったんですか?って刑事さんに聞いたら、「いやー過激派が爆破テロ仕掛けたみたいなんだよ」ってね。でも大家さんだけはわかってたみたいで、「南部さん今度ああいうことやったら出てってもらいますからね」って。

司会:あの、客観的に聞いてても面白いことばっかなんですけども、どうしてそんなにつらいことばかりやってまでして笑いを取ろうとするんですかね?

電撃:あのね。君たちはつらいと思うかもしれないけどね。うちらにとってはつらくないんだよ全然。確かに過激ではあるけどね。うちらは笑いのためにやってるんであって、この痛さがわかりますか?ってやってるわけではないんですよ。あくまで笑いをとるためにやってるんです。

電撃:理論的なことよりもね。まずコントやってるときよりもものすごく熱狂するのよこういうことやってるほうが。いままでコントグループやってて、明治大学の学園祭でこういうことをやってお客さんのいままでにない熱狂をあじわてしまったの。

電撃:お笑いってある程度限界あるからね。

電撃:そのあとたまたまロックグループの連中と一緒にやらないかって誘いがきたんだよね。最初こういう芸がロックとかみ合うとおもわなかったんだけど、やってみてあーこっちだなっておもったんだよね。

電撃:最初は打楽器あたまでこんこんやったりすると女の子なんかは痛そうとか可哀想とか言って目ふさいだりしてんだけど、「うるーせーてめー帰れ」ってね。

電撃:まあ今までにない縦ノリの笑いってやつだね

電撃:まあ感じるんだけど、お笑いの好きな人ってのは踊れないもんな。よくお笑いの追っかけやってる人なんかいるけどあの人たちなんかかっこ悪いもんな。音楽好きのお客さんってのはみんな踊れるんだけども、なぜかお笑いのお客さんってのは踊れないんだよね。不思議だよなぁ。

電撃:まあ最初は俺たちもそういうお笑いのノリでやってたんだけども、やっぱロックのノリのほうが合うなって思って、どんどんそっちの方にいっちゃって。まあやるなら独自にやるしかないなあって思ってね。

電撃:一番最初に来たの早稲田なんだよね。ゲリラ的なね

電撃:ゲリラライブね

電撃:そう隠れてライブやってくれってどうやってやるんだよ。

電撃:だからこそこそやったよなあ。

電撃:まあ感じとしては四人エスパー伊東みたいなね。

司会:すいません。いいですか?そうした縦ノリの笑いの結果、一番死を垣間見たってのはどんな感じなんですか?

電撃:そりゃ死を垣間見たって何度もさそりに刺されて救急車で運ばれてるしなあ

電撃:そういうことなら俺がなげつけたドライアイスがお客さんにささったりね。それで救急者で運ばれた時は、ああ彼はたぶん死ぬなって思ったね。

電撃:ああ、あとお客さんのの服が燃えて火だるまになったってのもあったな。そんなことなってもありがとうございますって言ったやつもいたな。

電撃:外人がライブに来てたんだよ。それでロケット花火の中途半端なやつな。燃えてるか燃えてないかないかもやつなんだけどポーンて投げたらその外人の頭のうえにのっかっちゃってぼうぼう燃え出しちゃってさ。大変だったよ。

電撃:その外人がまた気づかないんだよな。鈍感なやつでさ。燃えてるぜみたいなな

電撃:ウニが背中に刺さったときもあったなああれはあと数センチ深かったら神経まで刺さったって奴で危なかったらしくて、15針縫いましたね。

電撃:それは電撃裏ビデオとして、ありますんで。仲良くなったらそれあげます。

司会:いいですか?・・・・・過激な芸が多くて最近は海外進出もめまぐるしいんですけども、どうして海外進出は使用と思ったんですか?

電撃:一番最初にちょっと怪しい外人のデーブスペクターってのがいましてですね。お金が出ないんですけども、向こうのロスのFOXのテレビでベストオブザワースト。最悪の中の最良って番組があるんだけども、出てみないかって?

アメリカの洗剤と漂白剤を飲んでみないかって話だったんだけども。それで自分たちでお金かき集めていったんだよな。

俺たちのライブのビデオ持ってったんだよそのとき。そしたら向こうでお前たちスターになれるぞって言われてね。それで味占めて海外でやってんだよね。

電撃:まあ味占めてっていうか本気になっちゃったと。

電撃:本当に外人の笑い方半端じゃなかったからね。転げまわるほど笑った客初めて見たんだよね。これで海外でやりてえなあって思ってね。

司会:どういう風にコミュニケーションをとったんですか?英語とかは?

電撃:まあ基本的に英語なんだけど、まあどの国でも日本語を交えないと。せっかく日本人なんだから日本語をしゃべってほしいっていう。

電撃:意味はなくても「フジヤマ」とかね。「カタナ」とか

電撃:そうそうあといんちき英語まじえつつね。ちょっとやってみようか?



電撃:日本語の通じにくい人の前でやるのはあるけど、英語の通じにくい人の前でやるのなんて初めての試みだから。

電撃:逆にうちらはね。日本人がいっぱいくるとしらけるんですよ。海外ではね。わざわざ外国までいって日本でやってるショーなんてみたくないじゃないですか。

電撃:でも違った見方もできるかもしれない。もし海外でみかけたら、ぜひ見に来てください

電撃:プロデューサーとかの話だと、あんまり英語とかは上手くならない方がいいよと。タレントさんでいうと、デーブよりサンコンさんのほうが面白い感じ。下手に日本語覚えてつまんない駄洒落いうよりもいいってね。あんまり上手くなりすぎるとハードなモノ要求されるからね。ハードなギャグを。

電撃:てかね。日本人らしさを見たいんですよ向こうは。こっちは海外に近づけたらかっこいいとか思ってるけど向こうは逆なんだよね。宇多田がこっちではヒットしてるけど向こうでは全然ヒットしない訳であって、向こうの人が見たいのは日本人らしさなんだよ。黒人が民謡いくら上手に歌ってもうれないわけですよ絶対。

電撃:絶対ってのはなあ。まあたぶんね

電撃:久保田利信が向こうに在住してるのはご存知でしょうか?俺らのライブきてたときに久保田さんとマネージャーとその友達の三人しか日本人のお客さんがいませんでした。その次の次の日におれたちが久保田のライブに行ったときに、日本人以外の外国人のお客さんが一割くらいしかいなかった。これはねえまあしょうがないんだけど、黒人ミュージックでありながら、日本人があんなに集まっちゃうっとやっぱ久保田さん可哀想だなと。やっぱさっき南部さんが言ったように、黒人が民謡歌ってるような感じだからね。そういう中で日本人がニョキニョキって顔を出すのはやっぱ大変だよね。黒人で売れない歌手なんてごろごろいるからね。しかもまたうまいんだよそれが。そんな中でやるのはやっぱ大変だよね。

電撃:でもできないってすぐ思っちゃいけないと思うんだよね。俺たちもそれを目の当たりにしたんだけども、その中で「やっぱ日本でやってればよかったかな」って思ってたらもう次の段階はないからね。ブルースリーが海外に出てやったのは外に出てみようって思ってからだからな。外に出てみようってのがまず第一歩目なんだよな

電撃:でもさあ。残念なことにさあ。プロモーターとかプロデゥーサーになろうとしてるやつが海外のことしらないんだよな。だから日本の人を向こうに売り込もうとすることももちろんしてないわけだし、契約の仕方なんて全然できやしない。そんな中でうちらがたまたま向こうに行けるようになったのは、やっぱりそういう風に基本的にはプロデュースしてくれる人。そういう人がやっぱり橋渡しをしてくれる人がいたから出来るようになったのであって、もっともっとそういう人が育たないとだめだと思うんだよね。

電撃:不思議なんだけど日本人って海外に行くと日本人から搾取しようと思うんだよね。海外旅行行けばわかると思うんだけど、日本食屋ってすごく高いでしょう?チャイナタウンの中国料理ってすごく安いよね。日本人が考えてるほど海外は日本人のこと相手にしないから。ある程度日本人同士で助けあわねえといけねえと思うんだよな。ちょっと難しい話だけどな。

電撃:たぶんこの人たちの大半は海外いくと思うんだよな。ルール知らないとまずいよな。晩飯ご馳走になったらヤッチャッテモいいんだな。とかな

電撃:なんの話だよ

電撃:まあ絶対数が少ないからね。でも久保田さんが海外でヒット飛ばせば海外に日本人がいっぱいいきますよ。これは野茂の例みればわかるよ。あと中田とかね。おれらが間違って売れちゃったら俺たちの後もたくさんでてくるかも。今一番先頭を行ってるってのがいいんじゃん。

電撃:金銭的には一番儲かったりするのはね。二番煎じが一番おいしいからね。

司会:ビジネスてのは海外と日本でどのように違うのかってのをちょっとご指南頂きたいんですが

電撃:システムがまず違うよね

電撃:例えばニューヨークなんかでは投資家のシステムってのがあって、ブロードウェイに投資して当たればその何パーセントなんかが入ってきたりするんだけども、日本にはないし、ロングランってシステムがほとんどないよな。あるのはあの駒劇あたりでやってる吉幾三さんとかね。ああいうのはあるけどな

電撃:こういう世界にいるとわかるんだけども、やっぱテレビ中心で物事動いてるでしょ?舞台文化ってのが、日本ではほとんど確立されてないから、どこの国でも大体テレビの大スターと舞台の大スターが違うし、下手すりゃ舞台の大スターのほうがステータス高かったりとかそういう土壌があるから出る場所がたくさんあるよね。日本よりも。

電撃:受け入れる側の体制ってのもあるよな。ショーを見に来る人が本当にショーを楽しみたいってので来ればいいんだけども、3000円だったら、3000円でどんなショーみしてくれんだろって構えてみるのが日本の人なんだよねえ。

こっちも今日客少ねえやって評論家みたいになっちゃって、初めから盛り上がり方が違うのね。サッカーもみんな客観的に見ちゃったりね

電撃:今日は無料だよね?それでもみんなはわざわざタクシーなり電車なりで家からわざわざ来てるわけで、それで楽しもうとしてきてる。わざわざいすに座ってね。それでしかも有料だったらお金のことも気にしながらね。そういったリスクを補う分だけ楽しむぞっていう気構えがあるんだよね。海外の連中は。日本人ってのはテレビ文化っていうか、家でごろごろしながら楽しくて当たり前って思ってんだよな。お金払ってんだから楽しませないとブーイングする権利があるよって思ってるみたいだね。

電撃:80歳くらいのおばあさんにキンタマすごかったよなんて言われるとやっぱり文化違うなーって思うよね。

電撃:あと意外と海外行って驚くのはインターネットの普及率がすごいのね。本当にね。それでうちらもインターネットTVってのが海外で普及しててショーを送ってんだけど、日本はそういうのも遅れてるよね。

電撃:やっぱり舞台でやってる俺たちから言わしてもらうと、テレビで寝っころがって見るよりも会場来てください。興奮させますよ。3000円分ありますよっていう根性もってやってますよ。やっぱライブの方がテレビでやってるときよりも気合い入るしね。やっぱライブに勝る感動なしっていう言葉あるけどまさにその通りなんですよ。

電撃:逆にアメリカとかすごいシビアで面白くないとぴたっと来なくなっちゃうし、ロングランとか二億かけて作って一週間でぽしゃったっていうミュージカルもあったし。お客さんがくれば来ただけもうロングランで儲かるし、いくらお金かけようがだめだったりっていうすごいシビアですよね。アメリカ人は。

電撃:小柳プロデューサーになろうとしてるな?

司会:シドニーオリンピックに出るということなんですが、そのきっかけは?

電撃:言っとくけど種目で出るわけじゃないからね。基本的にうちらってのはオーストラリアで人気があるんですよ。自分でいうのもなんですが。町あるけないほどね。マイケルジャクソンより人気あるとか書かれちゃってすごい恥ずかしいんですけども、そういう場所なんで、うちらってすごい組みやすいんですよ。世界中の人がうちらを知ってて盛り上がりに来るわけですから。基本的にはオリンピックの選手や客が元気になるようなイベントをやろうと思ってすけども。

向こうは聖火ランナーなんかいかがですかなんて言ってるけどまだはっきりした話は決まってない。

司会:オリンピックではどんなネタを披露するんですか?

電撃:まあ会場によりけりだよな。聖火ランナーのときに聖火の代わりに頭に火付けて走るとか。まあねえ聖火って言い張ればいいけど大人の事情とかもありますからねえ。

電撃:あなたが思うほど聖火じゃないのよあれ。なんで芸能人があんなに持ってるかわかるでしょう?おれたちもコカコーラがつけばなあ


電撃:なんかせっかくだからみんなの声ききたいよなあ


司会:ではいまから質疑応答にしたいと思います。なんか質問したい方は?挙手をお願いします。

電撃:かなりふざけた質問でもOKですよ。今日は機嫌がいいんで。


@先ほど南部さんが、踊れない芸能人おもしろくないって南部さんが言ってたんですけど、例えばどんな人ですか?

電撃:質問の意味を大きく解釈すると、こいつらはつまらないぞってのでいいか?わかった。じゃあ南部さんどうぞ

電撃:いいよ俺は、、基本的にはみんなおもしろいと思ってないからね俺は

電撃:南部さんいつもダチョウっていってるじゃん。自分がいたくせにあいつらはおもしろいくねえって

電撃:いいんだよダチョウの話は。

電撃:ではそれではダチョウってことで


電撃:へたな質問したやつネタかなんかやらせようかな


@:最近リポビタンDのCMが温いんですけど、皆さんにオファーきたらどうしますか?

電撃:まあ最近記憶ないんだけどあれだろ?ファイトーっての。あの状況でなにのんきなこと言ってんだって話になるけどな。そういえばつい最近オーストラリアでリステリンっていう口臭剤のCM。日本だとマイクベルナルドがCG使ってバーンて口爆発させてたあ。あれと同じパターンの奴を今度はオーストラリアでCGを一切使わずにそれを使わずに、それを上回ることをしたいっていうプロデューサーの意向でね。もうCMながれてんのかな?そのときはちなみに全身に電気がびりびり流れるっていうのをCGつかえばいいのにわざわざ蛍光塗料全身に塗ってやったね。あとは便所のブラシで思いっきり歯を磨いてみたりね。わざわざなにかしらないけどそこにさそりがでてきちゃったりとか。

電撃:ちなみに日本ではながれません


@:最近テレビでみないんですけど

電撃:悪かったな

@:放送できない部分とかもやっぱりあるんですか?

電撃:そりゃそうだよ。プロレスごっこをやって人死んでもそれはプロレスラーの責任にならないけど布団パックで人しんだらうちらの責任なっちゃうもん。だってうちらしかやってるのいないんだから

電撃:まあちなみにライブじゃないと表現しきれない部分もあるからね。最近やった3年ぶりのライブは本当にすごいからぜひみてね


@:CDが発売されるということなんですけど、電撃ネットワークさんは音楽もやてらっしゃるんですか?

電撃:君は通じゃないね。僕たちはアルバム一枚シングル二枚だしてるんですよ。そしてすぐに廃盤になるんですよ。

電撃:ちょっと誇りにしてるんですけど、いままで三枚のなかで二枚発禁一枚廃盤ですから。一枚も出回ってないってね。だから今度も早めに買ってね。


電撃:今日はさ、せっかくだからうちらのネタがどんなのかやってもらおうよ。それがうちらのことを一番理解できると思うんだよね。

司会:それでは早速ですがネタ方にすすんでもらってもよろしいんでしょうか

電撃:みんなも参加するんだよ。たいした準備してきてないからねほとんどみんな中心に進めていくからね。



以下ネタ披露。録音なし